株式会社エレクトリ
〒171-0043 東京都豊島区要町2-19-6 TEL(03)3530-6103 FAX(03)3974-2448
diagram
システム設計

スペース、コスト、配線距離、将来拡張、どれを重視するかによりシステムデザインも異なります。タイムリーに進歩するAV&IT機器。AMXのNetlinxシステムは、ネットワーク上でこそ威力を発揮します。システムデザイナーの先進的なアイデアをNetlinxなら実現することができます。

NetLinxのシステム例
AMXのNXコントローラーシリーズをマスターとしたNetLinxシステム。その代表的なシステム例をご案内いたします。

シングルマスターのシステム例

1台のNXコントローラーをマスターとしたシングルマルタ―のシステムデザイン例です。
コントローラーとタッチパネルをEthernetで接続した形で、システムの最小単位になります。 コントローラーの各ポートに被制御機器が接続されます。 ユーザーインターフェースはmoderoタッチパネルを基本とし、用途に合わせてタブレット端末を追加することで、
柔軟なコントロールシステムを実現します。

       single_master

マルチマスターのシステム例

複数のNXコントローラーを使用したマルチマスターのシステムデザイン例です。ネットワーク上の複数~多数のNetLinxシステムを自在にプログラミングすることで様々なアプリケーションに応用できます。NXマスターを中心に構築するNetlinxシステムはネットワーク上でこそ真価を発揮します。 それぞれのNXマスターはローカルシステムを独立して運用しながらも、 M2Mによりネットワーク上の他のマスターと通信することができます。
M2Mでリンクしたマスターのシステムに所属するデバイスに対し、ローカル/リモートを意識することなくプログラムができ、教室間・キャンパス間の遠隔授業や支店・営業所間のTV会議システム等に有効です。

       multi_master

コントロールシステムの利点

複数の機器の煩雑な操作をタッチパネルのワンタッチに置き換え、シンプルにします。 また複数の被制御機器の管理をタッチパネルに一元化できるため、効率的な施設運用につながり、 タッチパネル画面上で複数の機器の状態確認もできるため、機器の一元管理も実現します。 コントローラー、タッチパネルなどのAMX製品同士の接続は原則Ethernetによるネットワーク接続によるため、Hubによる延長が可能です。 更に制御する機材が増えた場合は、コントローラーにAMXの拡張デバイス(ICSLan:イーサネットデバイスコントロールボックスを加えることで、 システムを拡張することもできます。

       master_design_1

amx_logo